熊本市の注文住宅 株式会社ユーロヒュース
トップページへ
住まいの施工例を見る モニターハウス見学予約、資料請求
家造りのコンセプト 家造りのスケジュール ハウスギャラリー 北欧直輸入建材 お客様の声 リフォーム
  
 
家造りのコンセプト
 
省エネ住宅・・窓と気密性能がポイント
 
窓の熱損失は床・壁・天井と比較しても、圧倒的に高いのです。
 
住宅の熱損失で窓の割合は「夏場71%」「冬場48%」と、床・壁・天井と比較しても圧倒的に高く、省エネ住宅の基本は窓の断熱性能です。当社は断熱性能に劣る「アルミ枠サッシ」は採用せず。断熱性能に優れた「樹脂枠ペアサッシ」か「木枠トリプルサッシ」を採用しています。
     
 
     
●平成4年省エネルギー基準に適合するモデル●
床・壁・天井断熱施工なし。窓はアルミシングルガラス
 
当社標準仕様の、樹脂枠ペアサッシの性能数値
 
各性能ともに、最上級の数値を示しています
 
当社標準仕様の樹脂枠ペアサッシは、国産の代表的なアルミ&樹脂複合枠ペアサッシと比較しても、気密性能以外、全ての性能において優れます。※等級が大きいほど優れます。
 
 
  国産アルミ&樹脂複合枠ペアサッシ
 
  当社標準・樹脂枠ペアサッシ
 
等級表示 熱還流抵抗(m²K/W)




H−1 0.215以上
H−2 0.246以上
H−3 0.287以上
H−4 0.344以上
H−5 0.430以上
 
等級表示 等級との対応値






S−1 800Pa
S−2 1200Pa
S−3 1600Pa
S−4 2000Pa
S−5 2400Pa
     
等級表示 等級との対応値




A−1 A−1等級線
A−2 A−2等級線
A−3 A−3等級線
A−4 A−4等級線

※ 気密性能は同じ数値です。
 
等級表示 等級との対応値




T−1 T−1等級線
T−2 T−2等級線
T−3 T−3等級線
T−4 T−4等級線
 
気密性能が悪い住宅は、「蓋の開いた魔法瓶」と同じ状態です。
 
いくら分厚い断熱材を充填しても、気密性能が悪ければ、その建物は「蓋の開いた魔法瓶」と同じ状態で、建物の断熱性能は著しく低下します。建物の断熱性能を高めるには、断熱材と併用して外気に面する床・壁・天井に気密シートを施工することが重要です。
 
蓋の開いた魔法瓶と同じ   床・壁・天井に気密シートを施工
     
 
 
 
ページ先頭へ
 
 
Information3 | 健康住宅 Information5 | 住まいの耐久性
 
 
  Copyright (C) 2018 EURO HUS. All Rights Reserved.