熊本市の注文住宅 株式会社ユーロヒュース
トップページへ
住まいの施工例を見る モニターハウス見学予約、資料請求
家造りのコンセプト 家造りのスケジュール ハウスギャラリー 北欧直輸入建材 お客様の声 リフォーム
  
 
家造りのコンセプト
 
構造・工法・・科学が証明する工業用集成材
 
科学が証明した、ネオベーシック工法の性能
 
  1. 強度の安定したエンジニアリングウッドを使用
2. 接合部分に断面欠損が生じない、メタルジョイント(接合金物)工法
3. 含水率15%以下の、収縮し難い木材を使用
4. 高精度プレカット(AQ認定)工場で製作
5. 木造住宅合理化システム認定工法
6. 建物の強度を表す構造計算書を標準装備
7. 蠡司殃欷吋献礇僖鵑砲茲襦構造躯体20年(最高五千万円)の大型保証


 
  □工業用木材(エンジニヤードウッド)の特徴

1.
木材の欠点部分(割れ・大節)を取り除いた良材(ラミナ)を使用。 
2. 木材の強度を表すヤング率は「梁・120E」「柱・95E]
3. 含水率は15%以下ですから、木材の変形・割れは最小限
4. 構造計算が出来ますから、大空間の間取りが可能


※湾岸戦争で活躍した掃海艇は集成材構造の木造船、
その理由は金属船では機雷を処理する場合反応する為です。
防衛庁の掃海艇の耐久年数は25年と定められており、
防衛庁の報告では 掃海艇の接着層は25年経過しても、
接着層に全く問題は無いそうです。

 
 

□接合部分に断面欠損が生じないメタルジョイント(接合金物)工法

1. 含水率15%以下のエンジニアリングウッドだから出来る工法。
2. 従来の接合方法だと、構造材に断面欠損が生じ建物の強度が極端に低下しますが、この工法は欠損を最小限に押えます。
3. 3層の防錆効果は金物の耐食性を上げます。


 
 
ページ先頭へ
 
 
    ネオベーシック
 
 
  Copyright (C) 2018 EURO HUS. All Rights Reserved.